業務内容 IPH工事(RC補強)

IPH工法とは

IPH工事(RC補強)

コンクリート構造物は、地震という物理的な原因による被害や中性化・アルカリ骨材反応という科学的な原因により劣化し、破壊するまでその強度を減衰させていきます。
その復旧の際には、大規模改修による莫大な費用を伴わない補修方法として「自動式低圧樹脂注入工法」が多用されています。しかしながら、この注入はコンクリート内部構造にまでは達しないものであり、その弱点である「強度復元力」を徹底改良したのが「IPH工法」です。
本工法では穿孔穴の内部から注入された樹脂がコンクリート躯体内で放射線状に拡散することにより、末端の微細クラックまで充填することができます。
その画期的な特長から、鉄筋コンクリートの付着強度を高めるだけではなく、さらに高い防錆効果が得られる唯一の高密度充填工法として土木学会の技術評価を得ています。

特長

1. 高密度充填

一般工法では注入用の樹脂の粘度がJIS規格で1000mPa・s以下と設定され、加圧力は建築改修工事共通仕様書で0.4N以下と定められています。本工法では高流動性のエポキシ樹脂を用い、注入加圧力を0.06±0.01~0.02N/m㎡という超低圧に抑えることで毛細管現象も生かされ、まるで植物の葉脈すべてに水分や養分が行きわたるようなイメージの高密度かつ高精度な充填が可能になります。 さらに、注入器(IPHカプセル)本体には、注入剤の浸透を阻害する内部エアーを排出する機能があります。

2. 耐久性の向上

同上の要素から構造物内の0.1mm以下のクラックへの注入が容易であり、計測実績からは0.01mm程度の微細クラックへの注入も可能です。それに伴い、新設時よりもコンクリート躯体強度が増すことから耐久性の向上が大いに期待できます。

3. 鉄筋防錆・中性化抑制

下地調整用セメントペースト(IPH#300)の成分が内部鉄筋周囲まで確実に浸透することにより、鉄筋の防錆効果が高まるとともに、再アルカリ化からコンクリートの中性化を抑制します。

4. 注入状況の可視化と遮光機能

透明な遮光カプセルケースを使用しておりますので、注入剤残量等が目視確認できるとともに、紫外線や日射熱の影響を緩和します。

5. 供用を妨げない施工が可能

道路・鉄道・空港等、施設の利用状態での施工が可能です。

本工法で樹脂が細部・深部まで注入充填されたコンクリートの抜き取りコア

本工法で樹脂が細部・深部まで注入充填されたコンクリートの抜き取りコア

ブラックライトにより注入された樹脂が確認できます

用途

土木・建築・構造物等あらゆるコンクリート分野の耐震補強を含めた補修・改修・止水。

土木トンネル・ダム・堤防・擁壁・橋桁・橋脚・床版

建築建築基礎・外壁・構造壁・地下室・レンガ、タイル下地

構造物パイプライン架台・タンク基礎・ネットフェンス布基礎

 

施工手順

下地処理 劣化部・ひび割れ部をVDRダイアモンド吸塵システムで研磨、欠損部はIPH#600で補修し注入ポイントをマーキングする。
arr
穿孔 注入カプセル取付位置を水循環型のIPHミストダイヤで穿孔する。
arr
台座取付 注入ポイントにピックアップシールを用い、JP台座を取り付ける。
(低温時等、高速硬化の必要な場合には、クイックシールを使用する。)
arr
ひび割れシール 注入ポイント以外のひび割れ箇所は、洩れ防止のためピックアップシールで密閉する。
(高速硬化の必要な場合には、クイックシールを使用する。)
arr
注入 IPHカプセルを取り付け、E-396Hを注入する。
(低温時等には、硬化の早いA-396MSCを使用する。)
arr
撤去・清掃 注入カプセル及びピックアップシールを取り除く。
arr
表面処理 VDRダイヤモンド吸塵システムで平坦に研磨し、IPH#300を塗布する。
硬化後、無機系通気型撥水塗料セラブレンドP-5000で塗布仕上げをする。
IPH工法の特徴

加圧力を一定にする事により、微細部への浸透機能が向上します。

▲ Back to Top